福岡県北九州市の入管業務、民事法務、企業法務は、小倉北区に事務所を構える平成8年創業の行政書士岡田知也事務所におまかせください。

遺言書作成

遺言書には、通常大きく分けて3つの種類があります。

1.自筆証書遺言
自筆証書遺言とは、全文を自筆(代筆やパソコンは不可)によって作成される遺言書です。
日付、氏名の自署、押印が必要となり、1つでも欠けた場合遺言としての効力を失います。

2.公正証書遺言
公正証書遺言とは、遺言内容を公証人に口授し、公証人が証書する遺言です。手数料のほか、証人が2名必要です。
推定相続人の方や受遺者の方は証人になることができませんのでご注意ください。公正証書遺言は、公証人が間に
入るため、法律的にも有効な遺言書が作成できるほか、原本は公証役場が保管するため紛失の恐れもなく安心です。
また、開封時の検認も不要です。

3.秘密証書遺言
秘密証書遺言とは遺言内容を秘密にした上で公証人の関与を受けて作成する遺言です。公正証書遺言同様、手数料
と証人2名が必要です。公証人が証書提出日及び遺言者の針術内容を封紙に記載し、遺言者及び証人と共に署名押印
します。その後、遺言書は遺言者に返却され、自ら保管することとなります。

詳細は、電話またはメールにてお気軽にお問い合わせください。

「ホームページを見た」とお電話ください TEL 093-952-8083 営業時間 10:00 - 18:00(日・祝日除く)

行政書士岡田知也事務所では、平成ホーム有限会社を併設しております

平成ホーム有限会社
PAGETOP
Copyright © 行政書士岡田知也事務所 All Rights Reserved.